ブルースカイ

頭に浮かんできたことを調べて書く雑記ブログです!

年金って払う意味があるのかぁ?年金の今を調べてみたよ

皆さんこんにちわ

この記事を見ている皆さんは年金を収めていると思います。

中には収めていない人もいるのかもしれませんが、この頃他の人とお話をしていて、

時たま年金がらみの話をすることがあったのでふと疑問になったことがありました

 

「年金って必要なのかぁ」

 

これが素直な疑問です。

僕も仕事をしているので当然お給料をもらっているのですが、その時の給料明細を見ると「うわぁ 高いなぁ 年金」とおもってしまいます。

皆さんは思ったことないですか?

https://minnanokaigo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/js/upload/images/20160215154914-01310.jpg

この100年安心プランとは2004年に、自民・公明連立政権下で行なわれた年金制度改革で、100年は働いていた時に収めていた年金額を最低50%は保証しますよってものですが、、、、グラフを見る限り現在の見通しでは2030年後半には財源が枯渇してしまうみたいです。

それに100年の間にもし日本に何かがあって円の価値がなくなってしまったらということは考えられていないのでしょうね。

100年後日本の経済がどうなっているのか分かっているのなら誰も苦労はしないと思います。

 

ネットでは年金は絶対になくならないといっている人がいますが、そうでしょうね

年金はなくならないでしょう。

年金を受け取るには、25年以上の加入期間が必要でしたが、将来の無年金者を少なくするために、加入期間が25年なくても10年あれば年金を受給できることになりました。

一見いいことにも見えますよね、でもこれに金額は書いてありませんよね!

 

あなたがもし年金を現在払っているとします。

そしてあなたは絶対に年金を受け取ることができます。

(*^▽^*)わーい

って喜んでいた時に「年金です」って渡された年金の額が5000円だったとしたら、、、

あなたは喜ぶことができますか?

必ず年金をもらうことができても結局その額が生活するのに足りない金額だったりしたら意味がないのですよ!

これを役所に「これじゃ足りんよ」といっても 

役所は「だって年金払われているでしょwww」と言われるのが落ちです。

 

現在ですら年金が生活に足りない人もいる中で将来は安泰なのでしょうかとても疑問ですね!

https://minnanokaigo.s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/js/upload/images/20160215154914-01305.jpg

この厚労省が2014年6月27日に発表した試算のグラフによると年々現役世代の負担が増えていることがわかります。

こんな状態で「年金払ってください、将来ちゃんと返しますから」なんて言われても全く信用できないですよね。

将来払った分の年金が返ってこなかったらはっきり言えばもうこれは年金ではありませんよね ただの税金です!!

 

それに今年収200万円以下のワーキングプアの家庭もたくさんあります。そんなところにも年金を払えの波が来ています。

「年金は義務だから払え」って、、、、

 

ワーキングプアの人の生活はあまり余裕がありません!

中には余裕の人もいるかもしれませんが逆にかなりカツカツの人もいるでしょう

そんなところからも年金を取るんですよね なんてひどいんだ、、、

元から生活がカツカツで生きることで精いっぱいの人に「将来のためだからお金取りまーす」って年金で持っていくんですよ。将来のための前に今を生きれなくなってしまいます。

 

それに国は年金を払って下さ~いって電話もかかってくるらしいですが、

払えないから払えないのにどうやっても年金を収めてほしいんですかね

「年金 納付率」の画像検索結果

朝日新聞さんから2012年までの年金の納付率です。

2012ねんで納付率は60%です。つまりは4割の人は納付していないということ、この四割の人たちには「年金払ってくださーい」の電話の着信が鳴り響いていることでしょうね

そりゃそうだ国民の義務だもんね!

年金が国の義務なら

国はワーキングプアにの人には生活保護を与える義務があると思いますがね!

 

生存権

日本国憲法第25条
第1項
すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
第2項
国は、すべての生活部面について、社会福祉社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

                               Wikipediaより

法律で生活が苦しい世帯には生活保護が受け取ることができる権利があります。

その生活が苦しい世帯に生活保護を与えないで、年金を取るためには電話は掛けるなんて非人道的だと感じますね。

お金がないのにカツカツの世帯から年金を取ると健康で文化的な生活ができるんでしょうか?

その前に金欠で不健康な生活を強いられて、病気になってしまうのではないでしょうか

 

まとめ

年金が悪いわけではないと思いますが、グラフを見るだけでも結構今の日本の年金のシステムには無理があると感じますね。

確かに年金を払っていると将来必ずもらうことができるかもしれませんが、結局その年金が少なければそのお金で暮らしていくことができないなら実質的に年金システム崩壊しているっと言ってもいいんではないでしょうか?